どうやったら抑えられる?マンションの売却時仲介手数料

どうやったら抑えられる?マンションの売却時仲介手数料

大切にしてたマンションを売却したい。

どうしても仕方ない理由があって手放さなければならない。

人生いろいろ、どうしても手放さなければならない事情が生じることもあれば、ただ新しくマンションを購入したから手放したいと思う人など、人それぞれの理由でマンションを売却することがあります。

そこでどうしても気になってしまうのは売却時の仲介手数料。

個人で売るのはなかなか手続きなども面倒なのでたいていの人が仲介業者に頼みます。

でも、時にその仲介手数料が高くてなかなか踏み切れないこともありますよね。

せっかく大切な財産を手放すのに、仲介手数料が高かったらがっかりです。

そんな時はネットで検索!

良心的な不動産業のプロを探しましょう。

仲介手数料を極力抑えてマンションの売買のお手伝いをしてくれるようなところも実際に存在するんです。

自分の大切な資産、大切な物件、少しでも良心的な交渉をしてくれる良い仲介業者さんと巡り会えたらいいですよね。

マンション売却時の仲介手数料は最小限に!

マンションを売りたい!

そう思ってもなかなか踏み切れなかったりしますよね。

マンションを買う時だって大きな買い物でしたから、売るときだって出来るだけいいお値段で買い取ってほしいと思うのは至極当然だと思います。

また、物件などの売買には一般的に不動産屋さんに仲介してもらいますが、仲介手数料も気になるところです。

一般的な仲介手数料は、売買が成立した時の価格の3%+6万円が相場のようです。

1000万円の物件でしたら、36万円ということになります。

もちろん、大きな物件の売買を手伝ってもらっているのですから仕方ないとはいえ、決して安い金額ではありません。

仲介手数料以外にもいろいろな出費が必要となってくるマンションの売却。

どうやったら売却時の仲介手数料などを抑えて、一番リーズナブルな売買をすることが出来るのでしょうか。

そんな時はやはり仲介してくれる不動産屋さんを比較検討してみることをお勧めします。

マンションの売却にかかる仲介手数料

良心的な不動産屋さんは仲介手数料をなるべく抑えた見積もりを提示してくれるところもあるようです。

顧客の立場になってサービスしてくれる仲介業者さんに大切なマンションの売買をお願いしたいものですね。